花と女性

デリヘルの面接で持っていくもの

見つめる女性

絶対に持っていかなければならないものは身分証明書だけです。デリヘルのみならず風俗全般にいえることですが、18歳未満の人は性別に関係なく働くことはできません。18歳未満の人を雇うようなことがあれば刑事処分等の対象になります。間違っても雇わないようにするための身分証明書の確認です。
顔写真の入っていない書類は証明書として扱うことはできません。たとえば健康保険被保険者証だけを持っていっても、本人だとは認めてもらえないのです。通常、身分証明書として持参していくものは自動車の運転免許証やマイナンバーカード、パスポートとなります。デリヘルは18歳以上でも高校生ならバイトすることはできません。お店によっては20歳未満の人に対して、高校生ではないことを証明する書類を持ってきてと要求されることもあります。その代表的な書類は、退学証明書や卒業証書です。面接場所に行くまでの道中、何が起こるかわかりません。
事故に遭うことがあるかもしれないし、電車の遅延等が原因で約束の時間に遅れてしまうことがあるかもしれません。いつでも連絡のとれる状態にするために、携帯電話を持参していく必要があります。履歴書は基本的には不要です。ただし、デリヘルや風俗での仕事の経験がある場合には、持っていったほうが雇用の合否で有利になります。

TOP